cover
タレス
タレス
paper

紀元前6世紀頃の、古代ギリシアのソクラテス以前の哲学者。西洋哲学において、記録に残る最古の自然哲学者、ミレトス学派の始祖。測量術や天文学に通じ、日食を予言したといわれている。神話的説明がなされていたこの世界の起源について、合理的説明をはじめて試みた人だという点で、「最初の哲学者」ともよばれる。万物の根源を水と考えた。

paper


万物は、神々に満ちている。

paper


最も困難なことは自分自身を知ることであり、
最も容易なことは他人に忠告することである。

paper


外見を、飾り立ててはならない。
美しさは、生き方の中に現われる。

paper


希望は、貧しい人間のパンである。

paper


言葉が多いのは、才気の徴にはならない。