cover
ニコラ・テスラ
ニコラ・テスラ
paper

19世紀中期から20世紀中期のオーストリアの発明家。交流電流、ラジオやラジコン、蛍光灯など多数の発明。また無線送電システム(世界システム)を提唱したことでも知られる。

paper

直観は、知識を超越するものである。
われわれは、疑いなく真理を把握する、
素晴らしい組織を、脳の中に持っており、
その時は、演繹的な論理や計画的な努力は、
実に、取るに足らないものに、なってしまう。

paper

発明の究極の目的は、
自然を人類の必要に役立てながら、
物質世界を超える、精神の完全なる支配を得ることである。

paper

私は実際の作業を、性急に進めるような事はしない。
まずは、頭の中で装置を動かし、改良を行っていく。
実際に工場で試験を行うのも、
思考の上で試すのも、大した違いはないのだ。