cover
プラトン
プラトン
paper

紀元前5世紀後期頃~4世紀頃の、古代ギリシアの哲学者。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。西洋哲学の主要な源流であり、「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」とも言われている。「ソクラテスの弁明」や「国家」等の著作で知られ、著作の大半は師であるソクラテスが主要な語り手となった、対話篇という形式が取られている。

paper


魂には眼がある。
それによってのみ、真理を見ることができる。

paper


愛のない選択は、決して良い結果にはなりません。

paper


無理に強いられた学習というものは、
何ひとつ魂のなかに残りはしない。

paper


音楽とリズムは
魂のもっとも深いところに至る道を持っている。

paper


優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、
困難な戦いに挑んでいるのだから。