cover
マルティン・ルター
マルティン・ルター
paper

宗教改革の創始者。ドイツ人神学教授として、「人の姿となられた神の言葉としてのイエス・キリストにのみ従う」とし、聖書をキリスト教の唯一の源泉にしようと呼びかけた。宗教改革の中心人物となったことでプロテスタント教会の源流をつくった。結婚したことで教職者、牧師の結婚という伝統をつくったことでも知られる。

paper


たとえ明日世界が滅びようとも、
私は今日リンゴの木を植える。

paper


死は、人生の終末ではない、生涯の完成である。

paper


神がその人を通じてある偉大な行為を望むかのように、
誰でもが行動するべきである。

paper


この世を動かす力は、希望である。

paper


希望は、強い勇気であり、新たな意志である。