cover
リンカーン
リンカーン
paper

19世紀のアメリカ合衆国の政治家。弁護士、イリノイ州議員、上院議員を経て、第16代アメリカ合衆国大統領に就任。「奴隷解放の父」と評される。奴隷制の拡張に反対するリンカーンの大統領当選は南部諸州の反発を招き、合衆国を二分する南北戦争に結びついたが、南北戦争による国家分裂の危機を乗り越えたことなどが評価されている。ゲティスバーグ演説が有名。

paper


しっかり心に決めれば、それだけで目的は半分達成されたも同然である。きっと成功してみせる、と決心することが、何よりも重要だ。

paper


転んでしまったことなど気にする必要はない。
そこからどうやって立ち上がるかが大事なのだ。

paper


敵が友となる時、敵を滅ぼしたと言えないかね?

paper

もし相手に自分の意見に賛成して欲しければ、まず相手に自分はあなたの味方だと分かってもらうことだ。
これこそ、人の心をとらえ、相手の理性に訴える最善の方法である。
相手が自分をことを味方だと思っていれば、遅かれ早かれ、自分の意見に賛成してくれる。

paper


人格は木のようなものであり、
評判は木の影のようなものである。
刻々と移り変わっていく影など気にせずに、
ただ、まっすぐに成長していればいいのだ。