cover
ヘレンケラー
ヘレンケラー
paper

20世紀のアメリカの教育家、社会福祉活動家。2歳の時に熱病にかかり、視覚、聴覚を失い、話すこともできない三重苦となる。サリヴァン先生との出会いにより、三重苦を乗り越えた。その実話は世界中の多くの人びとに感動を与えている。男女同権論者として婦人参政権を主張し、人種差別、過酷な若年労働や死刑制度、第一次世界大戦の殺戮にも反対し、政治的な活動も行っている。

paper


希望は人を成功に導く信仰です。
希望なしには何事もできません。

paper


人生とは、興奮に満ちている仕事のこと。
最も興奮するのは、他人の為に生きるとき。

paper


物事を成し遂げさせるのは希望と自信です。

paper


世界を動かすのは、英雄の強く大きなひと押しだけではありません。誠実に仕事をする。ひとりひとりの小さなひと押しが集まることでも、世界は動くのです。

paper


悲しみと苦痛は、やがて人のために尽くす心という美しい花を咲かせる土壌だと考えましょう。
心を優しく持ち、耐え抜くことを学びましょう。