cover
ゴッホ
ゴッホ
paper

19世紀後期のオランダ出身の画家。ポスト印象派(後期印象派)の画家。主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、精神病院での療養時代に制作された。作品は、感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派の代表的画家で、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした。

paper


毅然として、現実の運命に耐えていけ。
その中にこそ、一切の真理が潜んでいる。

paper


自分の中に炎を持ち、魂を抱えているのに、
どうして、閉じ込めておくことが出来ようか。

paper


色彩は、それ自体が何かを表現している。

paper


私は音楽のように心慰めるものを、
絵の中で表現したい。

paper


「絵になる風景」を探す必要などないのです。
自然というのは、どんな場所でも美しいのですから。