cover
コペルニクス
コペルニクス
paper

16世紀ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。天文学史上最も重要な再発見とされる。また、知事、長官、法学者、占星術師であり、医者でもあった。

paper


地球の可動性を禁じるものは、何も無い。

paper


学者の仕事は、
神に許される範囲で真理を探究することだ。

paper


思弁ばかりが十分で、
理性が不十分であってはならない。