cover
ベートーベン
ベートーベン
paper

18世紀後期のドイツの作曲家。音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされ、「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。持病の難聴が悪化し聴覚を失うが、強靭な精神力をもって苦悩を乗り越え、新しい芸術の道へと進んでいく。そうした苦悩の中で作られた「交響曲第9番」や「ミサ・ソレムニス」といった大作は彼の境地の高さを示している。

paper


この地上では成すべき事がとても多い。急げ!

paper


真に称賛できる人物とは、
逆境に直面したときに、
自分の生き方を貫ける人間なのだ。

paper

人間はまじめに生きている限り、
必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。
しかし、それを自分の運命として受け止め、
辛抱強く我慢し、
さらに積極的に力強くその運命と戦えば、
いつかは必ず勝利するものである。

paper


これはあなたのために書いたのではありません。
後世のために書いたのです。

paper


報酬への期待を、行為のバネとする人々の一人になるな。