cover
アリストテレス
アリストテレス
paper

紀元前4世紀頃の、古代ギリシアの哲学者。プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンとともに、西洋最大の哲学者の一人と見なされる。また、多岐に亘る自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。イスラーム哲学や中世スコラ学、更には近代哲学・論理学に多大な影響を与えた。アレクサンドロス大王の家庭教師であったことでも知られている。

paper


繰り返し行うことが、人間の本質であり、
美徳は、行為に表われず、習慣に現われる。

paper


愛というものは、愛されることによりも、
むしろ愛することに存すると考えられる。

paper


どんな芸術も、自然から取り出した物に過ぎない。

paper


物事を学ぶのに、決まった方法はない。

paper


世間が必要としているものと、
あなたの才能が交わっているところに、天職がある。